中部地区のプライマリー・ケアを担う動物病院の支援を目的として名古屋ベテリナリーコンサルテーション(NVC)を設立いたしました。多忙な毎日を送られている先生方にとって、臨床現場の中で"困難な問題"に遭遇する機会は少なくありません。そのような問題を個人的に解決することは多大な労力を必要とします。そこで、NVCが問題解決をサポートさせて頂くことによって、診療の質が向上するとともに飼い主様の選択肢の幅が広がるものと考えております。また、名古屋市およびその近郊の地域性を生かしたネットワークを構築することによって、大学病院または専門医との連携を図り、様々な分野についてのご相談に対応できるコンサルティングを目指します。



コンサルテーション(一次診療の支援)と「どうぶつ総合内科クリニック」の運営


コンサルテーション(一次診療の支援)


先生方からメール等でご相談を受け付けた後、NVCスタッフ(獣医師)によって問題点を整理します。それぞれの問題に対して適切と思われる各分野の専門家からの意見を参考にしながら解決に向けた具体的な方策を提案します。
また、地域における獣医療ネットワーク強化を推進したいと考えています。大学病院や特定の疾患を専門とする動物病院との連携はさることながら、開業医の先生方とも密接な連携が図れるよう努力して参りたいと考えています。


「どうぶつ総合内科クリニック」の運営


どうぶつ総合内科クリニックはNVCが併設する内科専門の診療施設です。例えば、コンサルテーション後に診察が必要と判断した場合、どうぶつ総合内科クリニックにおいて診察を受けることが可能です。本施設には大学病院で研修を受けた獣医師が常勤しており、大学教員または特定の疾患を専門とする動物病院と連携しながら診療を進めていきます。ご紹介いただきました飼い主様が直接ご来院いただくケース、あるいは先生方が症例と共にご来院いただき、我々とともに診療に参加することも可能です。
本施設の特長は、大学教員が監修したプログラムのもと"教育"という観点から"自身の症例から多くを学ぶ"ことを支援する施設です。日々の診療で生じる様々な疑問を解決していくためにも是非ご活用ください。



獣医師のスキルアップと次世代プライマリ・ケアの人材育成


NVCが運営する獣医臨床問題解決研究会では、臨床の問題解決のための実践的な勉強会を開催しています。
どうぶつ総合内科クリニックにおいては、持ち込み診療を通じて教科書などでは学ぶことが困難な臨床テクニックなどを学ぶことができます。その他、少人数制の卒後教育セミナーにおいては、先生方の臨床経験に合わせた内容(ベーシックコース・アドバンスコース)をご用意し、基礎から応用までを学べる内容になっております。



ごあいさつ

皆様方にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度、動物の内科疾患を中心とした二次医療および各種コンサルテーションの提供を目的として、名古屋ベテリナリーコンサルテーション(どうぶつ総合内科クリニック)を開業することとなりました。名古屋近辺の動物病院との連携を大切にして、地域の動物医療に貢献すべく誠心誠意努力する所存でございます。ご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

名古屋ベテリナリーコンサルテーション
センター長 前田 貞俊