若手獣医師のみなさま、我々と一緒に勉強しませんか?

この会は、科学的思考により問題解決できる獣医師を育成することを目的としています。

日々の診療では多くの疑問が生じると思います。これらの臨床疑問をみなさんはどのように解決していますか?
獣医学の情報は教科書、セミナー、ネットなどにより次々と提供されていますが、果たして目の前の動物や飼主の方にとってどの情報が有益なのでしょうか?。これらの問題を解決するために科学的なアプローチを真摯に考えたことはありますか?
我々はこのような問題を解決するために、知識を詰め込むのではなく思考力を重視したPBL(Problem-based Learning)という少人数による問題解決型セミナーを通して参加者の科学的思考能力を高めようと試みています。
この研究会の主役は次世代を担う若手獣医師です。少しでも興味があれば連絡をください。
問題解決法を一緒に学べることを楽しみにしています。

2014.06.22 発起人一同

●研究会参加者募集!

対象

当会の方針にご賛同いただける獣医師。

  • 科学的思考法を身につけたい方
  • EBMを実践したい方
  • エビデンスとEBMの違いを知りたい方
  • 教科書と論文の正しい使い分けをしたい方
  • 情報収集の方法を学びたい方
  • 論文を書きたい方
  • 臨床研究に興味のある方

など、学習意欲のある方を歓迎しています。

参加費用

1000円

研究会の開催

  • 不定期
  • ショートレクチャー(過去のショートレクチャーはこちら)と演題

演題について

  • 獣医療に関わるものであれば何でもよい
  • 疑問点を明確にする
  • 10~15分程度
  • Powerpointなどのスライド作成ソフトを使用
  • 申込は下段問合せ先へ

獣医臨床問題解決研究会発起人

  • 前田 貞俊(当会代表/岐阜大学・獣医臨床放射線学研究室教授)
  • 甲斐 勝行(愛知県・かい動物病院)
  • 湯木 正史(名古屋市・湯木どうぶつ病院)
  • 小島 健太郎(名古屋市・小島獣医院/神奈川県・あすなろ動物病院)
  • 西飯 直仁(岐阜大学・獣医内科学研究室准教授)

問合せ先

獣医臨床問題解決研究会事務局(小島獣医院内 小島健太郎)
E-mail:koji-ken@kba.att.ne.jp