第16回 獣医臨床問題解決研究会のお知らせ

NVCは、科学的思考により問題解決できる獣医師を育成することを目的とした「獣医臨床問題解決研究会」を運営しております。
下記の要項で第16回獣医臨床問題解決研究会を開催いたしますので、ご興味のある方は奮ってご参加ください。

なお、会場の都合で、参加者の人数に制限がございますので、参加を希望される方は下記よりお申込みください。

勝手ながら、会場の都合がございますので定員に達しましたら終了とさせていただきます。ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

●日時:2018年6月23日(土)21:00~22:30
●会場:名古屋会議室 名古屋伏見駅前店 第4会議室(最寄駅:伏見駅)
    名古屋市中区栄1-5‐8 藤田ビル2・4階    http://www.nagoyakaigishitsu.com/nagoyakaigishitsu/shisetsu.php?sid=00108
●参加費:・院長:5,000円 ・勤務医:1,000円
●内容:
テーマ:「コホート研究:病気の発生率や危険因子を知るために必要な研究」
これまで当会では 身近な患者と向き合う症例報告 、臨床研究の出発点となる症例対照研究を学んできました。獣医学においては病気の予後に関するデータは少なく、特に無治療における病気の成り行きを関する重要な情報は プライマリ・ケアを行う一次診療の現場からしか発信することはできません。 コホート研究はこのような病気の発生率や危険因子を知るために最も適切な研究デザインです。日常の診療では様々なデータが蓄積されているはずです。 コホート研究を正しく用いて、我々、プライマリ・ケア の現場から一緒に情報発信をしませんか?

●ショートレクチャー①:初学者でもわかるコホート研究入門
 小島健太郎(NVC、小島獣医院、あすなろ動物病院)
●ショートレクチャー②:コホート研究による発表、論文の進め方
 湯木正史(NVC、湯木どうぶつ病院)
●症例報告
 症例報告は1-2題募集します。実際の発表を通して、問題点を参加者で一緒に考えましょう。

参加お申込はこちら